パイルネット工法

Pile net construction method

TOP > 事業内容 > パイルネット工法

杭丸太で軟弱地盤を補強するパイルネット工法

Pile net construction method

パイルネット工法とは?

軟弱地盤に木杭などを打ち込み、杭頭部を専用連結材で連結し、サンドマットを造成後、土木安定シートを敷設する地盤補強工法が「パイルネット工法」になります。1975年(昭和50年)8月に石狩川を襲った大洪水の際、緊急に河川築堤を盛土するために開発された工法です。以後、河川築堤や道路、鉄道などの盛土・路盤・路床の確保に対して全国で約680件の実績を重ね、高い評価をいただいています。

主に土木構造物を対象としています

河川堤防、道路盛土、軌道盛土、橋台背面盛土、用水路基礎、酪農肥培施設基礎、送水管基礎、駐車場基礎、建物基礎、建物外溝基礎、その他

 工法の設計

 施工メリット

 選ばれる理由

樹木は大量のCO2を吸収して成長しますが、木材として地中に埋め込むことで、CO2が再び大気中に排出されなくなる「カーボンストック効果」により、地上のCO2を削減し、地球温暖化対策に貢献することができます。

パイルネット工法は、群杭で構成することから、よく「地中に森を造る」と言われます。

間伐材を中心とした地元木材の「地産地消」、一次産業、二次産業での新たな雇用創出など、安定的に地球にも人にも町にもやさしい持続可能な循環型社会を実現します。

※設計条件にもよりますが、各都道府県で地元木材の利用が可能です。

※全国において技術指導、コンサルティングを行っておりますので、ご相談ください。

 施工事例

北海道をはじめ全国各地の公共事業を中心に約680件の実績がございます。

CONTACT

お問い合わせ

お気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間:平日8:30~17:00